子供

NO IMAGE 泣ける話

主人の左目

主人は3年前に左目を失明した義眼を入れているので、見た目は言われなければわからないその失明した原因は当時1歳7ヶ月だった息子とじゃれあって遊んでいた時おもちゃの先端が主人の左目に運悪く刺さってしまったからだ事故当時、主人より息子の方が泣き叫んでいたように感じる子供心にただ事ではないことを感じていたんだろう傷の具合が良くなくなってから主人は、自分の運転中に何かあ
NO IMAGE 泣ける話

隠せない感情

前さ、研修医やってたときの話なんだけど主治医のサブみたいな形で、ある入院患者さんにつかせてもらってたんだ。患者さんは気さくなおじさんで、検診のたびに話し込んでた。お見舞いに来るのは大抵奥さん。毎日夕方に仕事終えて来てさ、洗濯物持って帰ったり、世間話とかしてた。奥さんもすごい良い人で、おじさんと同じくらい明るかった。そして、たまに息子もお見舞いに来てた。若くて
NO IMAGE 泣ける話

神様なんて絶対いない

娘が6歳で死んだ。ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく機械的に葬式をすませた。初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていたゴジラととっとこハム太郎の二
NO IMAGE 感動する話

小さな勇者の話

さっき甥っ子連れてコンビニに行って来た時の話甥っ子は好きなアイスを一つ買ってあげる、と言うと目を輝かせて売り場に行き、その間に私は目当てのものを買おうと棚を見ていたすると甥っ子より少し大きいくらいの男の子二人に「どけよ、おばさん」と突き飛ばされてしまったしゃがみ込んでいたのでバランスを崩し不覚にも横に倒れてしまったその時、思わず出した声に甥っ子が走って来て
NO IMAGE 感動する話

手書きの横断幕

阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。うちもその一軒。夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業して
NO IMAGE 感動する話

ディズニーランドへ

事情があって生活保護を受けている母子家庭の知人の子供が夏休みに法事で東京へ来た。「おじさんがディズニーランドへ連れてってあげるよ」と言うと頑なに固辞するので、子供のくせに遠慮するなあと思って理由を訊いたら「だって高いから」とだけ言うと、その子は下を向いてしまった。「じゃあおじさんと、明日どこかドライブへ行こう」と次の早朝連れ出した。首都高から湾岸線、浦安で降りるとTD
NO IMAGE 泣ける話

父の面影

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」こっそりと中を読んでみたら、「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」と書いてあったそうだ。旦那は去年、交通事故で他界した。
NO IMAGE 感動する話

我が子

我が子について話したいと思う。今、長男が一歳十ヶ月、次男がまだ一ヶ月。次男の夜泣きもひどく、嫁との会話も少なくなってきた。そして、長男も次男に母をとられたせいか、今まで異常に母に甘え、私には全く寄りつかなくなった。おいでと手を広げても無視され、頭を撫でようとしても逃げられ、心底寂しさと共に何の為にしんどい思いして仕事をしているのだろうと本当に辛かった。そして昨
NO IMAGE 泣ける話

選んでくれて、ありがとう

結婚してなかなか子供に恵まれず、3年たったある日、あなたはママのお腹にやってきた。パパとママはこれまでにない喜びでいっぱいだった。妊娠初期にはつわりも酷かった。でもママはそれでも嬉しかった。妊娠中期6ヶ月半になったある日、ママの不注意であなたは生まれてしまった。まだまだお腹の中で過ごすはずだったのにあなたはこの世界にやってきた。その19時間後にあなたは天国に
NO IMAGE 感動する話

クレヨン

長女(当時4歳)が幼稚園の行事の参加記念品だかで箱に入ったクレヨンのセットをもらってきた。ところが、こともあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。当然うちの嫁は激怒、しかられて長女も大泣き。それで、「お前、なんであんなことしたんだよ?」と聞いてみたら、「○○ちゃん(次女、当時2歳)と ヒック クレヨン半分こするって ヒック 約束したんだもん ヒック」