NO IMAGE 感動する話

嫁の手

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、まわりの健康な赤ん坊を産むことができた友人を妬んだ。ドン底だった。バカみたいにプライドが高かった俺はまわりの奴等に娘が難聴って知られるのが嫌だった。何もかもが嫌になった。嫁と娘
NO IMAGE 感動する話

幸せな食卓

ずっと1人で生きてきた俺。こんな俺に子育てなんてできるのか?父親らしいことが出来るのか?嫁を悲しませるんじゃないか?不安で不安で」たまらなかった・・・。しかし結婚して子供ができて、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、ときどき泣きそうなくらいの幸せを噛み締める。「荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグ」とか、「大皿いっぱいの散らし寿司」とか、カミサンと子供
NO IMAGE 泣ける話

ごめんな

今日、半年ぶりに家に帰ってきました。私は末期ガンで手遅れで、もう何週間も保たないでしょうと宣告されました。だったら家でと帰ってきました。私は32歳。妻は28歳。子供は二人いて3歳の男の子と0歳の女の子です。妻の肩を借りて家に入ると、上の子が私の手を取り、「とうちゃんおかえり!とうちゃんちいさくなったね」って笑顔で言われました。「○○が大きくなったんだよ」って
NO IMAGE 家族

突発性難聴と診断された妻

長文だが投下させて下さい。昨年、突発性難聴と診断された妻。病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)
NO IMAGE 家族

嫁は妊娠中

嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。西日の部屋で、ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって後ろから抱き締めて「愛してる」って言った。ただ、俺の嫁、ろう者なのね。なんも聞こえないの。わかんないの。わかんないはずなの。でも、嫁、振り返って手話で《わたしも》って言ってくれた。俺、明日もがんばれるわ。
NO IMAGE 感動する話

どきどき

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子がいた。細身の娘が好みだったのでお声掛け。程なく恋仲に。あるとき「心臓に大穴が空いていて、苦しい。子供も無理。諦めるなら今のうち。」と告白された。本人は死ぬ気だったらしい。迷うことなく、恋人のまま。出来る手術があるのならと方々の心臓外科を探しまくってなんとか手術にこぎ着けた。どきどき。成功した。うれしかった。術後も良好。
NO IMAGE 泣ける話

仲良くやっとるぞ

こんな時間だけど妻が亡くなって4年たった俺、嫁、娘2人で集まって笑ってる写真の前でお線香焚きながら嫁に感謝の独り言、そんで涙目になって「ずっと愛してる」って独り言我慢できずにいい歳こいてビービー泣いてた夜中なのに娘にバレて笑われたwんで結局みんなで泣いた亡くなった嫁よ、あんたの俺と娘達は仲良くやっとるぞ
NO IMAGE 感動する話

こんなことで泣いた

最近こんなことで泣いたw俺には結婚して6年経つ妻がいるのよ。子供も5歳の双子が居る。子供産まれてからは2人で話す事も少なくなったし、とりあえず俺は仕事で精一杯で構ってる余裕無かったんだ。で、平日で偶然仕事休みで家に居たのよ。子供は保育園でいないし2人きり。最近めっきり話す事無くなったし俺は話しかけずらくてずっと沈黙の空間だったんだ。そしたら妻の方から(仕事忙
NO IMAGE 泣ける話

またどこかで会おうね

俺さ、以前病院勤務してたんだ。といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんそろそろ・・・って場面だったんだよ。「まずい部屋に入っちゃったよな。」って思いながらも掃除をしていたんだ。そしたらさ、旦那さん(40後半位)が寂しそうな笑顔でありがとうって言ってくれるんだよ。
NO IMAGE 感動する話

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。というかひどいことをした。原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。「仕事行くの嫌だよな」とか呟く俺。そこで女房が何を言っても俺は切れただろう。前例もあったし。あいつもそれを良く知ってるから何も言わなかった。それも分かってたけど、なんだか馬鹿にされてるような気もして、八つ当たりしてしまった。すごく美味そうだったのに、