他人

NO IMAGE 感動する話

最高の思い出

ここで良いのか?と思いながら・・・・(w本当は、昨日レス入れようと思ったんだけど、昨日はみんながリアルタイムで見ている所に、長レスは迷惑になると思ったので控えました。見ててくれる事を願って・・・・土曜日の14時~頃、コーカサス館で娘(小3)にバラソフトを買って下さった方、有難うございました。娘が戻って来て、買って頂いた事を知って慌てて周囲を探したのですが、もう見当たらなくて。
NO IMAGE 感動する話

ミッキー

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていました。)が歩いていました。キャストの方が付き添い丁寧に説明をしながら歩いていました。そしてミッキーに会う部屋に入りその夫婦の方の番になりました。キャストの方が、「ここがミッキーの耳ですよ~!」と言うとミッキーがその夫婦の手を持って自分の耳に持っていきました。夫婦は手をさぐりながらうなずいてとても嬉しそ
NO IMAGE 感動する話

お子様ランチ

東京ディズニーランドにある若い夫婦が訪れました。そして、ディズニーランド内のレストランで彼らは「お子様ランチ」を注文したのです。もちろんお子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてあります。子供のいないカップルに対してはマニュアルではお断りする種類のものです。当然の如く、「恐れ入りますが、このメニューにも書いておりますが、お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますの
NO IMAGE 泣ける話

美容師のオッサン

俺自身が味わった不幸や悲しみとかでないのでなんだか微妙にスレ違いかもしれないがどうしても吐き出したかったのでさせていただく。半年前、友達の薦めで某チェーン店の美容院に行ったの。外観も接客も明るい雰囲気でとても良い感じだった。ふと車椅子で深く帽子をかぶった女の子(おそらく12.3)が連れの人と一緒に来店した。飛び込みだったらしく、しばらく待たされたあと彼女は店内に案内され、何人かの美容師達
NO IMAGE 感動する話

人と人との絆

去年の六月、被災地(岩手)で友人の結婚式があった式場は公民館、衣装は取り寄せ、食事は細やかなもの案内状を送ったはいいものの、ほとんど誰も来ないだろうと思ってたらしいところが、返信が来た60人全員が翌日に返信、60人全員が出席これが人と人との絆なんだろうなと思った式の内容?泣いてばっかりで覚えてません
NO IMAGE 感動する話

クリスマスの日の出来事

あるクリスマスの日の出来事です。うちには6才の息子がいます。我が家では、クリスマスイヴの夜、子供たちが寝静まった枕もとにおもちゃをそっと置いて、翌日の朝、子供たちが目を覚ました時に、おもちゃを見つけて、「わ〜、サンタがきた〜!」と、喜び、そして、そのおもちゃで遊ぶ、ということを年中行事にしていました。その年もまた、同じように、子供たちの枕もとにおもちゃを置きました。寝静まってから・