NO IMAGE 泣ける話

俺の骨

姉「コレで一生アンタに借りができちゃった。」弟「こんなんで借りとかいうなや」姉「コレで私とアンタは運命共同体ね」弟「ハハッ ちゃんとリハビリしろよ!」姉「リハビリしたら歩けるようになるかな・・・」弟「大丈夫だって!俺の骨は若くて丈夫だもん!!」姉「傷痛くない?しばらくベルトしめれないよね?ごめんね。退院したらサスペンダー、プレゼントするね」弟「おぅ、早く良くなってくれ
NO IMAGE 家族

姉の荷物

大学を卒業し就職が決まり、一人暮らしのアパートを引っ越すことになった。友人数人と、電車で1時間半ぐらい離れた実家から姉が手伝いに来てくれたのだが、なぜか姉はデカイ荷物を持ってきた。「???」と思いつつ作業を開始し、昼飯時。コンビニや食べ物屋に行くのも大変な田舎のこと。しかし俺は見栄はって、仕出屋に寿司の出前を頼んでおいた。友人らには大好評。夕方前には引越し終了。新居
NO IMAGE 感動する話

姉の一言

俺はほんとに馬鹿で、いくら頑張っても頭にものが入らない奴。おかげで見事に大学受験失敗したときに従兄の嫁さん、当時21歳と話す機会があったんだ。今ではほんとの姉のように思ってるから、姉とする。姉「大学失敗したんって?」俺「うん…」姉「もっかいチャレンジせんの?」俺「就職さがすつもり…」姉「将来したい事とか、なんかないん?」俺「農業継ぎたい、でも知識もないし、親
NO IMAGE 感動する話

姉ちゃん、絶対に絶対に幸せになれよ

姉ちゃんの結婚が決まった夜おふくろが死んでも涙こぼさなかった親父が仏壇の前で号泣してたんだぜ?弁護士になるのが夢で、猛勉強して進学校に入ったのに卒業して就職しちまったよな俺と弟達の学費出してくれていたんだろ?いつもとぼけるけどさー美人なのに彼氏も作らず、お洒落もせず足の不自由な親父と俺達弟3人の面倒見てくれたよないつも、どんな時も笑顔で、おふくろの代わり
NO IMAGE 感動する話

出産

母は元々体が弱く月1回定期検診を受けていた。そこで私が出来たことも発覚したらしい。母の体が弱いせいか私は本来赤ちゃんがいなくてはいけないところにいなくて危ない状態だったらしい。当時の医療では1万人に1人しか助からないと言われ母子共に命の危険があり、もし生まれたとしても障害が残るかもしれないと言われた。でも父が一生懸命お医者さんに頼み母も3ヶ月前から入院して体が弱いの