NO IMAGE 泣ける話

走馬灯

俺が小学5年のとき親父が死んだ。過労死ゆえの朝の出勤途中に死んだ。親父は最期バスを途中でおり病院を求め、まだ開いていない小児科に駆け込むと同時に事切れたそうだ。たまたまバスで一緒だった部下がなぜ気づかなかったのかと母と俺の前で泣いて詫びた。前日遅くに帰ってきたから俺は前日の親父の顔を見てない。一昨日の屋根の雪降ろしで親父の頭に雪を投げて怒鳴られた顔が最期の思い出
NO IMAGE 感動する話

あんたが見てきた風景

大学中退自分にできる微かな抵抗ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があったフリーターをして食いつないでいた四年間別にいつ死んでもいいとさえ思ってた四年ぶりの親父との電話「病院は経営難で畳むことにした。 俺の考えを押し付けて悪かったな。 母さんが心配してるいつでも帰ってこい」声が震えていた5年ぶりの帰郷久しぶりに会った親父なんでこんなに痩せてんだよ
NO IMAGE 泣ける話

わたしのせい

母親が脳疾患で植物状態になり、東京で結婚して暮らしていた私は家族とともに故郷へ帰った。父親と同居して1年半。もともと、若い頃から父とはケンカばっかだったから、お互い相当我慢したよ。あの日。父とケンカしたとき。私の口から出た言葉。「おまえなんか死んじゃえばいいのに!!!!」その次の日、何のお別れの言葉もないまま父は車の中で心不全で亡くなった。たった一人で。十三時
NO IMAGE 泣ける話

父に会いたい

自分は父の顔を知らない。自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。母に「お父さんの名前、なんて―の?」とか「お父さんの写真、見して!」とか「お父さん、メガネかけてたの?」とか聞いても、黙って首を振るだけだった。父がいない分、母は毎日朝早くから遅くまで仕事をしていた。酷いときには、1週間母を見ない日だってあったのだ。そんな時、面倒を見てくれたのが祖父母。誕生日
NO IMAGE 泣ける話

主人の左目

主人は3年前に左目を失明した義眼を入れているので、見た目は言われなければわからないその失明した原因は当時1歳7ヶ月だった息子とじゃれあって遊んでいた時おもちゃの先端が主人の左目に運悪く刺さってしまったからだ事故当時、主人より息子の方が泣き叫んでいたように感じる子供心にただ事ではないことを感じていたんだろう傷の具合が良くなくなってから主人は、自分の運転中に何かあ
NO IMAGE 泣ける話

隠せない感情

前さ、研修医やってたときの話なんだけど主治医のサブみたいな形で、ある入院患者さんにつかせてもらってたんだ。患者さんは気さくなおじさんで、検診のたびに話し込んでた。お見舞いに来るのは大抵奥さん。毎日夕方に仕事終えて来てさ、洗濯物持って帰ったり、世間話とかしてた。奥さんもすごい良い人で、おじさんと同じくらい明るかった。そして、たまに息子もお見舞いに来てた。若くて
NO IMAGE 泣ける話

親父の最期

俺が小学5年のとき親父が死んだ過労死ゆえの朝の出勤途中に死んだ親父は最期バスを途中でおり病院を求め、まだ開いていない小児科に駆け込むと同時に事切れたそうだ。たまたまバスで一緒だった部下がなぜ気づかなかったのかと母と俺の前で泣いて詫びた。前日遅くに帰ってきたから俺は前日の親父の顔を見てない。一昨日の屋根の雪降ろしで親父の頭に雪を投げて怒鳴られた顔が最期の思い出だ。
NO IMAGE 泣ける話

お前これ欲しかったんだろ?

俺がまだ小学生だった頃、どうしても欲しかったオモチャを万引きしたら見つかってそれはもう親にビンタされるは怒鳴られるはでメチャメチャに怒られた。それから暫らくして俺の誕生日が来たんだけど、その時に両親が俺にくれたプレゼントがその時万引きしたオモチャだった。「お前これ欲しかったんだろ?」と母親が言ってくれたとたん俺は泣いた・・家貧乏だったのに多分無理して買ってくれたん
NO IMAGE 泣ける話

結婚と父の話

実家の両親に彼が結婚の申し込みをしに、挨拶に来た。会話は和やかで結婚の話にも触れていたし、両親も私と彼の結婚を祝福してくれていたが、彼は、「お嬢さんと結婚させてください!」のようなセリフを言えないでいた。彼は話を切り出すタイミングを失っている様子だった。結局、彼は確信の言葉を口にせぬまま宴は終了した。私は彼を送るために玄関に先に出た。しばらくして、彼も玄関の方に
NO IMAGE 泣ける話

また次に産まれた時も

去年の9月1日父親が他界した。心臓弁を人工の物に付け替えるという難しい手術だったが、私は初めての手術ではないし、今回も普通に元気になって帰って来るのが当たり前だと信じていたので、会社にいつも通り出勤して、長男にメールで経過を聞くくらいだった。「術後も安定してる」「後は目を覚まして麻痺がないか確認するだけ」そんなメールを何度かやりとりして、ベットに潜り寝ようとした。