わたしのせい

母親が脳疾患で植物状態になり、東京で結婚して暮らしていた私は家族とともに故郷へ帰った。
父親と同居して1年半。
もともと、若い頃から父とはケンカばっかだったから、お互い相当我慢したよ。
あの日。父とケンカしたとき。私の口から出た言葉。

「おまえなんか死んじゃえばいいのに!!!!」

その次の日、何のお別れの言葉もないまま父は車の中で心不全で亡くなった。
たった一人で。十三時間も一人で。誰にもみとられることもなく。
発見したのは私だった。すでに死後硬直していた父を必死で助けようとした。
でももう間に合わなかった。

車の後部座席には私の好きな蟹が袋にはいっていた。

私が殺したのだと。
わたしのせいだと。
この3年間そう思いながら私は生きてきた。

知り合いに言われた言葉が私を救ったような気がする。

「あなたの言葉でお父さんは死んじゃったかもだけど・・・
 あなたが殺しちゃったのかもだけど・・・
 でも・・・でもっ!
 お 父 さ ん は あ な た を 愛 し て い た は ず だ よ 」

狂ったように泣いた。子供のようにしゃくりあげ、震えながら泣いた。
そう、私は父に最後にそう言ってもらいたかったのだ。
父が亡くなってから大キライだった父を、ダイスキで尊敬していることもよくわかった。
だから私、母親の面倒見ながらがんばって生きようと思う。

父さん・・・次ももし生まれ変われることができたなら、また父さんの子に生まれてきていいかな。
明日は父さんの月命日だね。
お花買ってこよう。

泣ける話家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. あゆ より:

    10行目を見た瞬間涙が滝のように
    流れ出てきました!!

  2. 雪音 より:

    本当にそうかもしれないけれど自分のせいに絶対にしないでください。

  3. あにい より:

    ヤバい

  4. 匿名 より:

    出来もしない事を「出来る」と言うな。

    出来る事も「出来る」と言うな。

    それらをわざわざ言う時は、感情に流された弱い人間の言葉だからだ。

    負の感情に支配された弱い人間の言葉だからだ。

  5. やす より:

    私の大事な息子は「死ね」と学校で言われつづけたらしい

    学校でバスケットのクラブで死んだ
    でも「死ね」と言われたのもあるだろう

    私は永久に忘れない
    いつか復讐してやる

    • 佑静 より:

      落ち着け。あなたがそんな事してなんになる。よくある言い方をすれば息子さんはそんな事望んでないはずだ。
      息子さんが望んでいる事はただ一つ
      凛として咲く花の如く生きることだ。

  6. 沙希 より:

    すごくいいお話です。
    でも、「お父さんが死んでしまったのは私のせい」と決めつけないで。
    誰も「あなたがお父さんを殺した」とは言ってませんよ。

    自信を持って、自分を信じてみてください^^

  7. 匿名 より:

    そもそもなぜ仲が悪かったのかしらね。