突発性難聴と診断された妻

長文だが投下させて下さい。

昨年、突発性難聴と診断された妻。

病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。

きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。

「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)

夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。

最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が

「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」

って書いた。

つい大きな声で

「お前離婚したいのか?!耳が聞こえない位で離婚するわけないだろ!バカか!」

って言ってしまった。

妻はかぼそい声で

「出来る事、一生懸命やるから、頑張るから捨てないでね…」

って泣いた。

妻がこの件で初めて泣いたのを見て、俺も泣いた。ずっと我慢してたんだって。

不安だったろうな、辛かったろうな…。

抱き合って泣いてる俺達にびっくりして起きてしまった2歳の娘が、

「おか〜しゃん

おと〜しゃん

泣かないの

ヨチヨチ」

ってしてくれた。

この温かい家族をこれからも俺が守って行こうと思ったよ。

家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. こけばやし より:

    こけばやしが守りたい