オカンの日記

泣ける話かわからんが…

俺のオカンは左目が見えない。
なんか若い時に病気か怪我か何かで見えなくなったらしい。
聞きゃあ教えてくれると思うけど聞いたことはない。

幼稚園の頃に周りの園児に「お前のオカンは目が見えん」とかで俺はのけ者にされていた。
今、思うとこの頃から自分はオカンのせいでこんな目にあっているとオカンを恨んでいた。
小学校低学年の頃、オカンと買い物に行くのが周りでは当たり前だったが俺は1度も行ったことがない。
オカンに行こうと言われても絶対に行かなかった。
中学の頃の授業参観や体育祭にも1度もオカンを呼ばなかった。
人と違う母親が何か恥ずかしくて…周りに馬鹿にされるんじゃないかと思って。

高校の進路相談の時も別々に学校に行き、別々に教室に入った。
オカンは教室がわからなくて廊下をウロウロしてたらしい。
まぁ俺みたいなDQNはもちろん大学には行けず、ニート決定。

こんなクソみたいな俺に文句1つ言わないオカンの理由がこの頃にわかった。

アホな俺は親の部屋で、親の通帳を探していた時、タンスの中から日記らしきノートと俺名義の通帳を見つけた。
日記の内容はオカンの日記だった。

自分がこんなんだから俺がイジメられてないか。
自分がこんなんだから絶対に俺のいる学校に行ってはダメ。
自分がこんなんだから俺が自分のことを嫌いなんじゃないか。
自分がこんなんだから俺の為に人1倍がんばらないと。

こんな感じのことがノート3冊くらい書いてあった。
オカンは俺じゃなくて自分を責めていた。
俺名義の通帳にはコツコツと貯められている結構な額があった。
俺は1円も貰う価値のない人間なのに。

どうしてあの時、一緒に買い物に行かなかったんだろう。
どうしてあの時、授業参観にオカンを連れていかなかったんだろう。
どうしてあの時、体育祭にオカンを連れていかなかったんだろう
どうしてあの時、あんな酷いことをゆったんだろう。
どうしてあの時、慰めてあげなかったんだろう。
どうしてこんなにオカンを不安な気持ちにさしてしまったんだろう。
どうして今までこんなに離れていたんだろう。

いろんな思いが溢れて来て俺は何年ぶりかわからないくらい久しぶりに泣いた。

俺はこの日、なぜか頭を丸めたのを覚えている…

5年経った今は安月給だけど就職もしてなんとか働いている。
ヒマな日とかにはオカンと買い物にも行ったりしてる。
失った時間は大きすぎるけど、少しずつでも取り戻していきたい。
今まで支えてくれたように、今度は支えて行こうと思う。
遅いかもしれないけどこれからは俺がオカンの左目になろうと思う。

泣ける話家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. 匿名 より:

    お母ちゃんの思いに気づいて行動にうつしたアンタは誰より親孝行やで

  2. 名無し より:

    いつか笑い話になるといいですね。
    当たり前にいる人だって本当は当たり前では
    ありません。お母様を大切になさって下さいね。
    女は、母は強いもので。頑張り屋なのです。
    お母様の脆い部分もあなたが補助して下さい。

    いつまでもそのお気持ちを大切に。

  3. 匿名 より:

    とても感動しました。
    感動と言う表現は失礼なのかも知れませんが、読み終わった今も涙が止まりません。
    これからも、今までお母様と出来なかった事してあげて下さい。あなたを尊敬します。

  4. アロハ より:

    親孝行できるご両親が生きてる事は、本当に幸せなことです。

  5. ヒナ より:

    散々泣いてきたあとですが、読んでて涙が止まりませんでした。素晴らしい母をお持ちで幸せですね。頑張って親孝行してください

  6. まさき より:

    泣きすぎました。俺は両肩背中刺青だらけでどうしょもない男だけど、貴方の、この何とも言えない、気持ち解るような気がします。これから親孝行頑張って下さい。陰ながら応援しています。

  7. 久遠 より:

    親孝行するのに、遅いも早いもないと思う。
    親が生きてるうちに気付けただけでもよかったね。

    オレも、七年前に亡くなった親父の分まで、お袋に親孝行するんだ。

    お互いに頑張ろう。

  8. ともよし より:

    お母さんも、あなたも、素晴らしい人です。
    分かり合えた今を大切に。

  9. ナルケン。 より:

    とにかく感動したな。うちの家族も色々あるけど改めておかんを大切にしないかんと思ったわ。

  10. おかんになりそこね より:

    勇気が出るお話をありがとうございます。