まずい水

僕は嫌いな人がいる。
と言った時、母は見るからにまずそうな水を持って来て、
『まずい水をおいしくするには、飲む前におもいっきり走って来て、辛いもんをいっぱい食べてみればいぃ。
そぉしてから水を飲めば、どんな水だって美味しく感じる事ができる。
自分が変われば、まずい水は美味しくなるんや。』
って言ってくれた。

最初、言うてる意味がわからんかったケド、まずい水を嫌いな人に例えて言ってくれたんかなぁ。って後で思った。
嫌いな人ができたら、まずい水を美味しくした時みたいに、自分が変わればいぃんやって思えるようになった。

だから僕は嫌いな人がいません。
自分さえ変われば、どんな人だって、自分にとってかけがえのない人になる事を母が教えてくれたから…でも、どぉしてもわからん事がある。

なんで、こんなえぇ事を教えてくれた次の日に、死んでしまうんや。
母さん、あん時、意味がわからんかったケド、母さんの言いたかった事に気付けたで。

母さん、ありがとう。

泣ける話家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. 通りすがりの受験生 より:

    目標はあるのに家にいると勉強をまったくしない。今日だってオレは家族が外出してる間にテレビ見たりマンガ見たり。オレだけ私立の高校で、お金を一番かけているのに。公立の大学を目指してます。このみんなの話を見ているうちに、オレはなんて親不孝もんだと思った。母親はオレを嫌ってるとも今まで思い込んできたけど、嫌いなら高い金払って私立に行かせるわけない、夜10時ぐらいまで帰ってこない自分の帰りをご飯作って待つわけがない。泣けた、ホントに。ありがとう。必ず、受かって親孝行するよ。辛い時はまたここに来て、涙流して、頑張るよ。今それをここに誓います。センターまで今日を入れてあと41日。必ずやりとげてみせる。

  2. ニスモ より:

    あなたのお母さんはきっと周りの方達にとても好かれていたのではないでしょうか。
    そんな深いことを言える方が母親でとても幸せですね!

    頑張ってください!

  3. 通りすがりの社会人 より:

    通りすがりの受験生、ちゃんと受かったのかな