母ちゃんの弁当

自分もなんか中学1年生ぐらいに反抗期があって、ちょっとツッパってたりしたんだ。
「親の作った弁当なんかダサくて食えるか、金よこせよ、コンビニで買うから!」
みたいな事を母ちゃんに言ったことがあってさ、それから金貰って、
昼休みに学校抜け出して買い食いするようになったんだ。

大人になってから、オヤジから聞いたんだけど、母ちゃんその時、
やっぱ俺にはわからんようにベソかいてオヤジにグチったらしい。

オヤジはブチギレて俺をブっとばそうと思ったらしいんだけど、
母ちゃんは「あの子だって年頃だし、かっこつけたいんだからしょうがないの!」
と逆に俺をかばったらしい。で、毎日昼飯代として千円ずつくれてた。小遣いとは別に。

数年後、大学生になってヲタク化して、バイト代を趣味にぶち込むようになったら俺は慢性的金欠。
オヤジからバイトやってるから小遣いは一切やらん!って言われてて・・・
とにかく金欠すぎて激安の学食ですらメシ食えないから、「弁当作ってくれないか」って
母ちゃんに頼んだんだよね
反抗期時代の自分の発言なんてコロっと忘れて。

そしたら母ちゃんが泣きながら怒り出して、言ったんだ
「もう、ダサくて食えないなんて、二度と言わないなら、作ってあげるわよ・・・いくらでも・・・」
俺は自分の発言を思い出して、愕然とした。

そんな思い出がある俺としては、やっぱり弁当ネタは泣ける。

感動する話家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. あおい より:

    まだお母さん生きておられるんだ。いいですね。うちはそういうことを言っていた息子に先にしなれてしまいました。

  2. 匿名 より:

    悲しい…

  3. クラブマン より:

    正に人生色々ですねぇ、僕も当時イジメにあっていて、学校行くのが嫌で、母親が作ってくれた弁当を手でグチャグチャにして、(弁当こんなんだから学校行けない)と言った事を思いだします。
    いまじゃ後悔しか残っていません、父親は中学生3年の時、母親は8年前に他界してますから、今じゃ母親の筑前煮食べときゃ良かったと思っています。