恋愛

NO IMAGE 泣ける話

手遅れになるまえに

俺は大好きだった彼女と別れた。理由はシンプル。俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。「二人とも大学卒業したら結婚しようね」こう言ってくれた彼女。でも彼女は俺が浪人中に死んでしまった。あれは8月を過ぎたあたりだったかな。ぜんぜんメールも電話もこなくなって、「彼女も浪人中の俺に気を使ってくれてるんだ」と思い、よりいっそう勉強に身を注いだ。あと半年で「早稲田受かったらもう一度彼女に
NO IMAGE 泣ける話

幸せになれよ

2年付き合った彼に振られました。それはもう、彼が言ったとは思えないほどのひどい言葉で。どんなにまだ好きだと言っても復縁はかなわず、音信不通になってしまいました。そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。『入院二日目、昨日は周りのモンがめずらしくて初体験ばっかだったけど、 今日からヒマなんだよな~。 こうやって日記つけてみたわけだけど、 オレのことだか
NO IMAGE 泣ける話

結婚指輪

初めて彼と出会った時、私はまだ中学3年生だった。中学時代の私は同じ年代によく居た「ヤンキー」の様なのとは違った意味でのヤンチャな女の子だった。喧嘩じゃなくてカツアゲ、暴走族じゃなくてクラブ、シ●ナーじゃなくてマリ●ァナ、毎晩オシャレな大学生と遊ぶ事ばかり考えて、街をフラフラしていた。彼との出会いはナンパだった。彼は18歳だった。私はいつもの様に、17歳だと嘘をついた。彼は当時でいうチーマ
NO IMAGE 泣ける話

ずっと見守ってる

昨日、恋人が死んだ病気で苦しんだすえに死んだ通夜が終わって病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたよく見たら「わたしの人生は普通の人よりも短かった、だけど〇〇君と一緒に過ごせたことで普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた」とか書いてあったお前、そんなこといまさら言うなよ死んだ後だよ、もうお前いねぇんだよ最後の方は、ろくに起き上がれもしな
NO IMAGE 泣ける話

最後の夜

1年間同棲していた彼が他界した。大喧嘩をした日、交通事故に遭った。本当に突然の出来事だった。その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになってしまった。いつも通り軽く詫びを入れて事を済まそうとしたが、その日の彼はいつもとは違い、私に対してきつくあた
NO IMAGE 泣ける話

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。小さいころなぜかおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。9歳のすごい元気なLと12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。おじいちゃんがとてもいい人なので三人共親がいなく、おじいちゃんが私同様引き取った子達でした。それから私たちは本当の兄弟のように、家族のよう
NO IMAGE 感動する話

こんなことで泣いた

最近こんなことで泣いたw俺には結婚して6年経つ妻がいるのよ。子供も5歳の双子が居る。子供産まれてからは2人で話す事も少なくなったし、とりあえず俺は仕事で精一杯で構ってる余裕無かったんだ。で、平日で偶然仕事休みで家に居たのよ。子供は保育園でいないし2人きり。最近めっきり話す事無くなったし俺は話しかけずらくてずっと沈黙の空間だったんだ。そしたら妻の方から(仕事忙
NO IMAGE 泣ける話

願い事が一つ叶うなら

俺には可愛い彼女がいた性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは「えwあの女と付き合ってるのwwwお幸せにw」とよく馬鹿にされた彼女は頭が非常に弱かった高校を中退し、通信制の学校を4年かけてやっと卒業、まともな職にもつけず派遣会社で毎日を繋ぐどうしようもない女おまけに中学時代から周りの男に騙されては性欲処理に使われていた友人の紹介で彼女と付き合い始めたのだが、
NO IMAGE 泣ける話

あの時

なんかスィーツwノベルにありがちな事なんだが小さい頃から夏休み冬休み春休みになると田舎の婆ちゃんちに預けられた俺近所に体が弱い女の子がいてさ、その家と婆ちゃんは付き合いがあったから、その子ともよく遊んだ中学生の頃からその子の事を意識しだして、告ろうと決意したんだで、ちょっとカッコつけて電話で夏休みになってそっちいったら大事な話があるって言っておいたんだよ告った
NO IMAGE 泣ける話

エメラルドの指輪

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたりある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり、俺がこれは変だと思い、病院に行ったら、痴呆症だと言われた俺と彼女は結婚する約束をしていた、もう給料三か月分とは言えないけど指輪も用意していたあとはこれを渡してプロポーズするだけだった、でも彼女はもう殆ど俺のことを覚えていない一人じゃ何に