幸せで笑顔ある人生

PR

5年前に母親が亡くなった

母は俺が10歳の時離婚して兄と俺を引き取り朝~夕方までパート夕方から深夜まで飲み屋で働いていた。
兄は私立の高校行ってて授業料もいっぱいいっぱいで、もちろん家にはほとんど食べるものも無かった。
俺は給食で余った牛乳やパンなどを持って帰ってきてそれを夕ご飯にしていた。
貧乏だったけどそれが普通と思っていたから別に苦にもならなかった。

その後母親は俺が14歳のときに再婚した。
再婚相手の義理父はすごくいい人で俺や兄もすごく可愛がってくれた。

そして俺が専門学校を卒業して親父さんの仕事を手伝うようになって半年後・・。
手足が痺れると母親が・・。

医者「悪性の脳腫瘍です」

一瞬何が起こったのかわからなかった。そのまま入院になり手術の日もきまり家に親父さんと帰ってきたら・・。

親父さんが初めて号泣。つられて俺も号泣したよ。

手術は時間はわからないけど結構かかった・・。

手術は無事に終わったように見えたが医者から

「耳かきほどの腫瘍しかとれなかった、場所が悪すぎた」・・と。

その後放射線治療や抗がん治療などをして退院した。

その後は後遺症に若干悩まされていたようだけど元気を取り戻したかのように思えた。
その間兄貴の結婚、初孫と色々あったけど時間はゆっくりと母の病気を進行させていた。


7年後の夏の暑い日

家に帰ってくると暖房がついていた・・。外の気温は30度を超える猛暑なのになんでと感じたら母親が脱水症状で倒れていた。
病院に着くと手がもう利かない状態で握力もなくなっていた・・。

病気に再発にてっきり治っていたと思った俺は愕然とした。

もう手の施しようもない状態で病院のたらいまわしだったけどどうにか入院できる近くの病院があった。

日に日にやせていき・・。
だんだん俺の顔も誰かわからなくなり・・。
空中を指でさしたりとなってきた。

そして入院して三ヵ月後危篤の電話を受けて急いで病院に向かった。

兄は遠方のため夕方に帰ってきた。
その晩はどうにか持ちこたえて、次の朝兄貴達家族と一緒に病院に行ったとき母の容態が急に変わった。

そしてそのまま他界しました。

ほんの5分遅れていたら最後に立ち会えなかったのだけど母は多分待っていてくれたのだと思う。

それを思ってさらに号泣した。

折角兄弟二人とも社会人になり今から自分の為に過ごせる時間ができたときの矢先の出来事でした。


その後俺も無事結婚して家庭をもてたのだが、去年の春ぐらいから頭痛と吐き気が止まらなくり、もしやと思い病院にいってMRIとってもらったけど異常なし・・。
その後もずっと続きなんかやる気が出ないと言うことで病院に行ったら

鬱と診断された・・。で体のほかも調べると言うことで検査したら
肺がん・・・・www

結構きているらしいがまだいろんな意味で自宅療養中。
結婚して4年目だが子供がいないことが幸いした。

嫁さんよまだ若いから早く今のうちにイイ人探しといてくれよ。

俺は残せるものが少ないけど・・。しかしごめんよ。こんなやつと結婚しちまって

俺はしっかりした家庭と家族と幸せを築けなかったけど、
次は幸せで笑顔ある人生にしてほしい。ありがとう。

PR

『幸せで笑顔ある人生』へのコメント

  1. 名前:実話? 投稿日:2013/11/06(水) 03:21:58 ID:6a5ffe4b2 返信

    在り来たりやな。

    • 名前:おい! 投稿日:2013/12/25(水) 15:39:36 ID:99840fc51 返信

      なんで、そういう事言うの!?

  2. 名前: 投稿日:2014/01/20(月) 00:43:19 ID:82556cfc1 返信

  3. 名前:うたろ 投稿日:2014/10/10(金) 23:20:15 ID:44b270a8e 返信

    頑張れ!

  4. 名前:せんまい 投稿日:2015/08/12(水) 21:17:14 ID:8d857d660 返信

    がんばってください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。