NO IMAGE 泣ける話

一緒にお弁当を食べてね

海の学習という名前で学年全体で泊りがけでの研修のあった5年生。雨女の私が出かけると必ず雨。今までの遠足も雨が多かったからそんなにがっかりすることもだんだんなくなってた。ただ海の学習だから海でボートに乗ったりできるのが楽しみだったのに。本当なら外のお日様の下で食べられるはずだったお弁当。かわいそうに。せっかくお母さんが作ってくれてみんなで外で気持ちよく楽しくワイワイ
NO IMAGE 泣ける話

継母

私には、お母さんが二人いた。一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。もう一人は……私の17歳の誕生日に母が継母であったことを聞かされた。私を生んでくれたお母さんは、産後すぐに亡くなったそうだ。生みの親より育ての親…なんていうが、そのときの私は今まで騙されてきたという怒りと、馴れ親しんだ母が急に他人に思え、両親の話もきかず部屋でふてくされて泣いていた。翌日から
NO IMAGE 泣ける話

抱っこさせてよ

お母さんが亡くなって一週間ちょっとになりました。まだ現実を受け入れる事が出来ないでいます。お母さんが亡くなる5日前に私に言った言葉。「あんたを抱っこした記憶が無いよ。だから今、抱っこさせてよ」だけど私は照れくさくて話題を変えてしまった。抱っこさせてあげれば良かった…。