普通の家

ちょっと長いかも

俺が小学生の頃親父が原付に乗っていて交通事故にあった
頭蓋骨骨折の重体だったけどなんとか一命はとりとめた
でも大好きだった原付にも車にも乗れなくなったみたいで大分ストレスが溜まってたみたい

それで子供達には優しいんだけど夫婦喧嘩は日常茶飯事
すぐに手が出る親父だったから堪えかねたお袋が一人で実家に帰っちゃった
その時何も知らされてなくて「母ちゃん遅いね」なんて兄弟3人で暢気に話してた気がする
で、何だかんだあって離婚してお袋は子供3人連れて引っ越ししたんだ

続き

時は経って俺はちゃんと高校まで通わせて貰った
当時は兄が俺の一つ上で大学生、妹が俺の二つ下で高校生という状況
俺は家の経済状況が母子家庭で収入もないって事は薄々承知してたから高校出た後は迷う事なく就職の道を選んだ
ちなみに引っ越した当初は家具は一切なく布団だけ、荷物を詰めた段ボールを裏返してテーブルにするというなかなかの極貧生活を送ってた

で、俺が18だったか20だったかの時にお袋から「重要な話がある」と言われた
それは親権関係の書類で保護者の欄?はお袋の名前にするか親父の名前にするかというものだった
お袋が言うには親父に書類を書いてもらうとすると、どこにいるのかも生きてるのかも分からない親父に直接書いて貰わなければいけないらしい

存外長くなってしまったがこれで最後

それは面倒だと俺はお袋に書類を書いて貰う事にした
その時神妙な面持ちで正座していたお袋がポロリと「ごめんね」と呟いた
俺は馬鹿で想像力もないから「何が?」と返したんだ
そしたらお袋が「あんたは普通の家の子みたいに育てられなかったから」と言ってボロボロ泣き始めた
どれだけ親父に暴力を振るわれようとも子供の前では泣かなかったお袋が泣いた

違うよ確かに俺の家は母子家庭だった
だけど自分の家が他と違うとは全然思わなかったんだ

俺が遠足行く時に風邪引いてたのに大好きな唐揚げをいっぱい入れてくれた事
俺がプレステが欲しいと言ったら中学の卒業祝いに買ってくれた事
俺が自分の実力以上の高校を受けた時には心配してくれた事
高校の合格発表の日に仕事の合間を縫って俺に電話してくれた事
俺の合格を聞いた日の夜に祝いのケーキを買ってみんなで一緒に食べた事
就職祝いにネクタイとスーツを買ってくれた事

どれも他の家でもやってるよ
普通の家じゃないか

そんな事一気に思い出して言葉に出来ずに俺も号泣してしまった

来週お袋の誕生日がある
あの時の味には絶対に敵わないけど今度は俺が唐揚げ作るよ
上手く作れるように頑張るから待っててな
お袋ありがとう
これからいっぱい親孝行するよ

感動する話家族
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish
涙腺崩壊をフォローする
泣ける話 感動する話 – 涙腺崩壊

コメント

  1. より:

    感動しました。
    お母さんに、おいしい唐揚げを作ってあげてください♪

  2. まゆ より:

    すげぇ感動した、

  3. S より:

    私も母子家庭3姉妹なので、わかる気がします。
    涙が出ました。

    これからお母さんを幸せしてください

  4. ともよし より:

    親子の素敵なつながりですね。

    俺も親孝行らしいこと全然してないなぁ。

  5. かない より:

    じーんときました

  6. うんこ より:

    男が作った料理は食いたくないよな

    • 匿名 より:

      大丈夫だよ!
      そんな心配しなくても
      てめーみたいな奴に食べてもらいたい人なんていないだろうから^^

  7. サンタ より:

    感動しました。。。

    うちも母子家庭だから、感情移入したのかも(笑)

  8. 中学生 より:

    僕も同じような状況だが、まだ子供だからずっと母親を恨んでた。

    取り返しのつかなくなる前に自分の小ささに気付けて良かった。

  9. おれ より:

    やべT^T

  10. ららら より:

    すごい。応援してます。