NO IMAGE 泣ける話

甘えればよかった

男だけど、いいですか?俺には、3つ違いの弟がいた。お袋は俺には「お兄ちゃんだから我慢しなさい」なんて一言も言わなかったと思う。でも、甘えるの我慢してた記憶はたくさんある。3歳ながらに「弟はまだ赤ちゃんなんだから」っておもってたんだよなぁ。親父は出張が多くてほとんど家にはいなかったな。俺が小学生なって初めての運動会の朝、お袋は「○○君(俺)がんばってね!お母さん、△△(弟)とお弁当持って
NO IMAGE 泣ける話

頑張って生きていきたい

俺は母親が嫌いだ。大嫌いだ。おせっかいなとこが嫌いだ。何よりも子供を一番に考えるとこが嫌いだ。大学に入り、一人暮しを始めて二年も経つ俺を赤ちゃんみたいに心配するとこが嫌いだ。今まで付き合った彼女より誰よりも俺を心配してくるとこが嫌いだ。金が無くなって「もっと金を送れ!」と、言って結局送ってくるくせにしぶるとこが嫌いだ。「こんな家に生まれてこなければよかった」と、言うと電話越しに本気で泣
NO IMAGE 感動する話

あなたの味方

私は今、15歳です。中学校を卒業し、高校も決まりました。そんな私が中学時代に体験した話です。私はクラスで軽いいじめにあっていました。誰が助けてくれることもなく、ただただ悪口を言われ、無視をされる。そういう内容でした。そんな私は今日も1人‥クラスにいても誰とも話さない。それが当たり前になってきた頃でした。私は、日記をつけ始めたんです。人を傷つけないように日記に書いてストレスを発
NO IMAGE 泣ける話

義母のクリスマス

お祭りごとや楽しいこと、賑やかなこと、綺麗なものが大好きな義母がある日、クリスマスイルミネーションで家でもやりたいと言い出した。実はその時の義母、癌で余命宣告を受けていて家族で過ごす最後のクリスマスだと思っていたらしく一度でいいから自分の家もテレビや雑誌で紹介されていたような綺麗なイルミネーションで飾って、素敵なクリスマスの思い出を作りたいと。それで私や夫や娘たちがカタログを貰ってきて義母が
NO IMAGE 泣ける話

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年とちょっと。高齢出産だったこともあって、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに年くってた。俺が「なんでもっと若く生んでくれなかったの!?」と責めたこともあった。俺が思春期のころとにかく心配性な母がうざいのと、親父には恐くて何も言えなかったから何でもかんでも母に当たってた。たくさん文句言って寝ようと自分の部屋に入ったとき母のすすり泣く声が聞こえたときは自分の不甲斐なさに気付
NO IMAGE 感動する話

お子様ランチ

東京ディズニーランドにある若い夫婦が訪れました。そして、ディズニーランド内のレストランで彼らは「お子様ランチ」を注文したのです。もちろんお子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてあります。子供のいないカップルに対してはマニュアルではお断りする種類のものです。当然の如く、「恐れ入りますが、このメニューにも書いておりますが、お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますの
NO IMAGE 感動する話

君に会えるのを

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけどすぐに涙がでたんだ。決して口には出さなかったけど、なかなか子供を授からないことでママは自分を責めていた。 僕はそれには気がついていないふりをしてきたから泣いたらダメだったんだけど我慢できなかったんだ。 君は生まれる前から、ただママのお腹にいただけで僕達二人を幸せにしてくれ
NO IMAGE 感動する話

いっぱい話をしよう

俺は福岡で働いてるけど地元は大分。今日、福岡で仕事の集まりがあるらしく昨日から母親が来てた。久々に俺に会えて嬉しいらしくいろいろ話してくれるんだけどさ、俺は適当に「ふ~ん」とか「へぇ~」とか相づちうつだけでほとんどまともな会話とかしなかった。で今日の朝、俺は仕事があるから母さんより早く家を出た…心の中では悪いことしたなぁっていつも後悔するんだけど、毎回こんな感じに
NO IMAGE 感動する話

街の花火

母は、僕を女手一人で育てた。僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。そのマンションからは、夏に花火をみることができる。父と母が過ごした街の花火。毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。父は、母に素敵なものを残したなっと思った。でも、それは長くは続かなかった。僕
NO IMAGE 泣ける話

プレゼント

私は昨日小学4年生の子から手紙で相談を受けました『僕のお母さんに元気になってほしくてプレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて女の子が喜ぶ物は何ですか?』という内容でした。その子の母親はガンで長く生きられないのです。男の子はその事実は知りません。私は今日デパートに男の子を連れていきました。「お母さんダイエットしてるのかな?