彼女

NO IMAGE 感動する話

秘密の勉強

待ち合わせた彼女を待ってて見かけたのは、大学生風のカップルだった男が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしてた。手話だ彼はやっと手話を覚えたこと、覚えるのは結構大変だったこと女の子を驚かせようとして、その日まで秘密にしてたことを伝え、女の子の方は彼が勉強してることを知らなかったこと、本当に驚いたこと、嬉しいと思っていることを伝えて、そのうちもどかしくなったのか彼の手を握って2度
NO IMAGE 感動する話

全盲の彼女

一昨年の今日に告白したんです。生まれて初めての告白でした。彼女は全盲でした。それを知ったのは彼女のピアノの上手さに感動した後のことでした。俺はすごくびっくりしました。そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。そんで助けてあげたかった。なんでもいいから、俺は彼女の力になりたかったんです。今思うとそれは俺のエゴだったんですけどね。彼女は全盲だということを
NO IMAGE 泣ける話

彼女の遺言

長くなるけどネタの様なホントの話。大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合ってるカップルがいました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作ってるわけじゃなく、みんなと仲良くしてました。 私は女の方の一番の友達だったんだけど、彼氏とも仲良くしてたわけです。 大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、 本当に仲良しだなァって思ってたわけです。最後に3人で会った時、 「
NO IMAGE 感動する話

約束の指輪

人からじゃないけど俺の実話俺今年で25になるんだけど高校生の頃の話しちょっと長くなる小さい頃から幼なじみの女がいるんだがそいつとは本当に仲がよかった小学生の頃、親父の左手の薬指につけてた指輪が気になって、親父に「なんでずっとつけてるの?」って聞いたんだそしたら「これはな、母ちゃんとの約束の指輪だよ」「これをつけてれば離れてても一緒なんだよ」って笑顔で言ったんだよ。
NO IMAGE 泣ける話

ブサイクの彼女

俺さあ中三から高三まで付き合ってた彼女がいたのよ中三の冬、「同じ高校行こうね!」とか言っててブサイクの彼女(・∀・)ニヤニヤしてんのwそしたら俺だけ受かって彼女落ちてんの泣いたね、彼女と一緒に合格発表の掲示板の前で号泣した。高校に入ってブサイクの彼女痩せようと思ったらしく水泳始めやがったw腹ブヨブヨさせて必死に泳いでんのw別々の高校だし俺もサッカーやってて忙し
NO IMAGE 泣ける話

ありがとう、ありがとう

私には年子の兄がいるのですが、その兄の友人の妹(私の一つ下)と毎日の様に合っていました。家が近所ということもあり、向こうも「お兄ちゃんお兄ちゃん」と私になついてくれていた。どちらかというと、どんくさい部類に入る私は兄やその友達、また自分の同級生についていけず、その子とおままごととかをして良く遊んでいた。でも、小学校に上がると自然に学校の友達が増えていき新しい環境の中でいつの間にか彼女
NO IMAGE 感動する話

私がんばってみよう

俺はいい年して野菜嫌いだったんだけど、彼女のおかげで野菜好きになった。付き合い始めてすぐに俺が野菜嫌いなのを知った彼女。「いつか克服させてあげる!」と言い出した。宮崎に行って新鮮な野菜を食べたりしたら、意外に美味しくて食べられた。そしたら彼女は「○○さんは、おいしい野菜をあまり食べてこなかっただけなんだね。食わず嫌いの一種だよ」と言って、「よし、私がんばってみよう」と言い出した。
NO IMAGE 泣ける話

最後のお願い

あなたは本当に俺を困らせてくれたよね。あなたと付き合った日。朝のバスでいきなり大声で「付き合ってください!」って。そんな大声で言われても困るし。てか場所考えてよ。始めてのデートの日。初デートに寝坊で3時間も遅れて来た。あれには正直びびったよ。ペアマグを一緒に買った日。あなたはさっそく帰りに落として壊したよね。あの後もう一度買いに行くの面倒だった。一緒に海遊館に行った日。
NO IMAGE 泣ける話

馬鹿じゃないの

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。俺は本当に彼女が好きだったし、勿論浮気もしたことないし、そりゃ俺は格別イイ男って訳じゃなかったけど、彼女の事は本当に大事にしてたつもりだった。なのに、すっげーあっさりスッパリやられた。どーにもこーにも収まりつか
NO IMAGE 泣ける話

いっぱいいっぱい

いっぱいの幸せをありがとう。私は幸せ者だ。だって最期にあなたの顔を見れたから。これも日頃のなんとやろなのかな?病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。最期ってなんだよ。お前は死なない、そうだろ?泣きながら返す僕を見て笑いながら○○前言ってたよね?私が先に死んだら俺も後追うよって。震えた声で彼女が言う。あぁ、すぐに行くから先行って待っててな!俺は本気で返した。彼女