NO IMAGE 泣ける話

家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて、「それほど持たないだろう」と言われ、入院前に「今生最後の写真はせめて家族と・・・」と撮った写真らしかった。俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。当の父はというと、どっしり
NO IMAGE 泣ける話

キャッチボール

私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、「地区大会の決勝で9回に逆転されあと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」と、小さい頃良く聞かされていました。そんな父の影響もあってか、私は小さい頃から野球が大好きで、野球ばかりやっていました。父も良くキャッチボールをしてくれました。そして私は、小学5年から本格的に野球を始め、高校に入った私は迷
NO IMAGE 感動する話

似てきたかあ

私が小学2年の時に母が再婚した。私は瓜二つと言われるくらい実父に似ているので、義父としては色々複雑なところもあっただろうに、そんなことは微塵も感じさせない人だった。先日、一緒に買い物に出かけた時に店員さんに、お父様に目元が良く似てると言われた。よくあるお世辞とその場では軽く流したが、車の中で二人になると義父は、「見え透いたお世辞いっちゃって」と冗談ぽく笑っ
NO IMAGE 感動する話

付き合ってくれた仲間

ウチのオヤジも猫嫌いだったなー。近くへ寄って来るとしかめ面で追っ払ってた。オヤジは晩酌が日課だったんだが家族が食事が終わってもいつも一人で台所のテーブルで飲んで居た。ところがいつの間にか飼ってた猫がオヤジの足元でツマミの刺身を貰うようになっていた。猫が無言で足元に座るとオヤジもナイターを見ながら足元に刺身をちぎって落としてやる。猫もさも当たり前のようにむしゃむし
NO IMAGE 泣ける話

今ならすごくよく分かります

先日、二十歳になった日の出来事です。「一日でいいからうちに帰って来い」東京に住む父にそういわれ、私は就職活動中なのにと思いながらしぶしぶ帰りました。実家に着いたのは夜で、祖父母と妹はもう既に寝静まっていました。父だけが起きていて、そのあとしばらく現状を話していたのですが、会話もとぎれ、さぁ寝ようという時、いきなり父は一枚の写真を私の前に差し出しました。それは、
NO IMAGE 感動する話

嘘付いててスマン

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。大人が泣くのを見るのは、記憶の限りその時が初めてで、しかも父はとにかく強くてかっこいい!と信じていたので、凄く吃驚して変に印象に残ってる。その後、何度か確認する機会があったが、父がいつも「夢でも見たんだろう」と言っていたので、何しろ幼児の頃の記憶だし、自分もそう思う
NO IMAGE 感動する話

初めての父の涙

私の父はとても短気で、すぐにキレるし怒鳴るし、でも普段の時は無口でいつも煙草を吸っている、そんな父があまり好きではなかった。私のこと、大切に思ってくれてるのかな?と思うときも時々あった。そんな中、私は中学受験をするために勉強をしていた。家で教えるのは父の係で、毎日毎日父が付きっきりで勉強をした。でも、出来なかったら「ここはさっき教えたばっかりだろ」と言って怒られ
NO IMAGE 泣ける話

最初で最期のメール

去年3月に定年を迎えた父に兄と私で携帯電話をプレゼント。退職前は携帯などいらんと言っていたがうれしそうだった。使い方に悪戦苦闘の父に一通り教えてまずメールを送ったが返事はこなかった。その6月に脳出血で孫の顔も見ずに突然の死。40年働き続けてホッとしたのはたったの2ヶ月。葬式後父の携帯に未送信のこのメールを発見した。最初で最期の私宛のメール。私は泣きながら送信ボ
NO IMAGE 泣ける話

笑顔をたやさない

私は都内でナースをしています。これは二年ほど前の話です。ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。22歳の女性の患者さんです。彼女は手遅れの状態で癌が見つかり半年もつか分からない状態でした。彼女は笑顔がかわいらしい目のくりくりしたタレントさんみたいにかわいい人でした。末期のがんであと半年もつかわからないことは彼女もしっていました。けれど絶対に笑顔を
NO IMAGE 泣ける話

心から尊敬します

父が食道癌になりました。ウチは癌血統ではなかったので、この告知は本当に驚きました。私は父と、この10年ほど腹を割って話したことがなく…何かあれば衝突ばかりで。。。大事な話は、母を通して話してました。喧嘩ばかりというよりは、ロクに話したことがないのです。だから、「お父さん、体の調子が悪いんだ」そんな言葉を耳にしても、気にもとめずに、いつもの様に遊び歩いていた