スケッチブック

PR

祖母が弱ってきて、寝たきりになった時、遊び盛りだった私は見舞いにも行かなかった。
母から、もう何もわからなくなってしまって意識もない、いよいよだと聞かされて、さすがに心苦しく思い顔見せに行くことに。

病室に入ると、やせ細った姿の祖母がいました。
母に「手にぎってあげなさい」といわれ、そっと握ると意識のないはずの祖母が手を強く握り返してきて、目からは涙が・・・

握った手のぬくもりから、幼い頃手をつないでいろいろなところに連れて行ってもらった記憶か蘇って号泣してしまいました。

祖母がなくなったあと、遺品の中からスケッチブックが。
まだ意識のあった頃に病室で書いたと思われるそれには私や、孫たちの絵で埋まっていました。

PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。