知らなかった事実

PR

小学5年生になったある日、祖母が親戚の法事で遠く離れた親戚の家に泊まりで行った。

その頃、祖父は病気で入院していた。
祖母は3日間位で帰ってくる予定だったのに、心臓が悪かった為倒れてあっちの病院に入院してしまった。
病状がかなり悪かったらしく、手術をしてしまうはめになり、思ったより入院は長くかかってしまった。

その頃、地元では祖父の容態が急変しそのまま帰らぬ人となってしまった。
祖父が亡くなって1か月後、祖母が退院して地元に帰ってきた。祖母は、心臓に悪いからと祖父が亡くなった事を知らされてなかった。
仏壇の前に連れて行かれ、始めは何が何だか分からないという感じだったが、ようやく現実を受け止めたようで、仏壇の前にしゃがみこんで大きな声で泣いていた。

それを陰から見て、私は幼いながらも涙が止まらなかった。
今になっても、その時の光景が頭から離れない。

PR

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。