ハンバーグの味

PR

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。
ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。

でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、
とうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。

時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは
給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。
しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。
不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。

と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。
弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。
母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、
定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。
そして後日、その定食屋に行って見た。

定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。それの定食を頼んだ。
そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。

たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。
腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

PR

『ハンバーグの味』へのコメント

  1. 名前:メイメイ 投稿日:2016/08/10(水) 20:26:37 ID:b54308099 返信

    皆さん、若い方でも、なんと、上手な文章書かれるんでしょう。涙、止まりません。一所懸命に働いて、働いて、子供を育ててらしたお母さん。が、ガンで亡くなられた話、沢山の切ない話、心に残ります ありがとうございます。温かくて、素晴らしい話です。母の愛は偉大です。 昔の兵隊さんは亡くなられるとき、あかあさーん、と言って、なくなられた、というのを読み、やっぱり、その時も、涙止まりませんでした。私も 2年前、母亡くし、いまだに、思いだすと、号泣の日々、涙の涸れることのない日々を過ごしています。あかあさーん、と言ってワンワン泣いてる自分、時々、母の元へいきたくなります。そこらの雑草だったからこそ、健気さが、身に沁みた。不幸だったからこそ、愛おしかった、私の持てる、全愛情を注いでも、まだ、足りないと思ってた。それくらい、母さん、あなたを愛していた。子供の愛も深いんだよ。 あなたが、大好きだった。まだ 苦しいくらい、・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。