姥捨て山

PR

「姥捨て山」の話聞いたことありますか?

年老いた親を、子どもが背負って山に捨てるというやつです。
大昔、貧しさから本当にその風習があったそうです。
そしてこんなことがありました。

背負われている間、親は山の木の枝を折って落としましました。

やせこけた腕を一生懸命のばして、一本一本、折り続けました。

山奥に着き、自分を捨てて去っていく我が子に、親は言いました。

「目印に木の枝を折ったから迷わずに下るんだよ」

親ってこういうものです。

PR

『姥捨て山』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2013/10/06(日) 17:43:43 ID:7eb633b7b 返信

    母親ってなんでそんなに強いのかな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。