2015-01

NO IMAGE 泣ける話

バカ兄貴

半年ちょい前の俺へそっちは午前4時だな。部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。音をたてないようにしろ、気づかれるから。まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行きドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。そ
NO IMAGE 泣ける話

甘えればよかった

男だけど、いいですか?俺には、3つ違いの弟がいた。お袋は俺には「お兄ちゃんだから我慢しなさい」なんて一言も言わなかったと思う。でも、甘えるの我慢してた記憶はたくさんある。3歳ながらに「弟はまだ赤ちゃんなんだから」っておもってたんだよなぁ。親父は出張が多くてほとんど家にはいなかったな。俺が小学生なって初めての運動会の朝、お袋は「○○君(俺)がんばってね!お母さん、△△(弟)とお弁当持って
NO IMAGE 泣ける話

頑張って生きていきたい

俺は母親が嫌いだ。大嫌いだ。おせっかいなとこが嫌いだ。何よりも子供を一番に考えるとこが嫌いだ。大学に入り、一人暮しを始めて二年も経つ俺を赤ちゃんみたいに心配するとこが嫌いだ。今まで付き合った彼女より誰よりも俺を心配してくるとこが嫌いだ。金が無くなって「もっと金を送れ!」と、言って結局送ってくるくせにしぶるとこが嫌いだ。「こんな家に生まれてこなければよかった」と、言うと電話越しに本気で泣
NO IMAGE 泣ける話

遠足のお菓子

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。それが俺の遠足の時期のちょうど重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚にしまってあった食べかけのお茶菓子とかをリュックに詰め込んだ。そして、夜遅くオヤジが帰宅。「あれ・・・明日遠足なのか」と呟き、リュックの中を覗き、しばし無言。もう遅かったので、俺はそのまま寝てしまった。次日、リュックを開けて驚いた。昨日詰めたおやつのライ
NO IMAGE 泣ける話

泣くのは終わりに

子供が外に遊びに行こうと玄関を開けたとたん、みはからっていたのか猫は外に飛び出していってしまいました。そして探して見つけ出した時にはあの子はかわりはてた姿になってしまった。私はバスタオルにあの子をくるみその場で泣き崩れてしまった。自転車で通りすぎる人、横を走る車、みんなが止まり「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてきてくれた。でも、その声にも答えず私は声をあげてあの子を抱きかかえて泣いた
NO IMAGE 感動する話

あなたの味方

私は今、15歳です。中学校を卒業し、高校も決まりました。そんな私が中学時代に体験した話です。私はクラスで軽いいじめにあっていました。誰が助けてくれることもなく、ただただ悪口を言われ、無視をされる。そういう内容でした。そんな私は今日も1人‥クラスにいても誰とも話さない。それが当たり前になってきた頃でした。私は、日記をつけ始めたんです。人を傷つけないように日記に書いてストレスを発
NO IMAGE 泣ける話

最初の家族

クロ、元気か?私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるのかい?ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか?私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。肩とふとんの隙間にひょいと鼻を突っ込んで、しばらくふんふんと匂いを嗅いでから、するすると入ってくるおまえのひんやりした体を。私がいそいそと横向きにすると、おまえは背中をぴったり私の体につけて、私の脇にお尻をぴったりはめ込
NO IMAGE 感動する話

居てくれてありがとう

俺は小学校の時にいじめを受けた。なぜかって?俺だってわからない。『黒人!』『外国人』『死ね』それが学校での日常だった。でも、こんな俺にも友達はいた。決して多くはなかった。4~6人位だろう。その中には、転入してきた人が二人いた。いつもは、5人位で遊んでた。すごい楽しかったなぁ~。遊戯王などのカードゲームにはまってたなぁ。まぁ~こんな感じで小6までずっと一緒だった。だけど、
NO IMAGE 泣ける話

送信されていないメール

私が彼と最初に出会ったのは会社の懇談会でした。ふとしたことから一緒に遊ぶようになり、付き合いはじめました。私はもともと打たれ弱い性格だったので、彼にグチってしまうことが 多かったのです。でも、彼はそんな私に嫌な顔一つせずに、優しい言葉をかけてくれたり、 励ましてくれていました。彼はグチ一つこぼさず、明るい人だったので、「悩みがないなんていいねー。」なんて言ってしまったりすることもありま
NO IMAGE 泣ける話

ずっと一緒に

あの日俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。険悪なまま彼女は車で仕事へ行った。俺は友達に会って彼女の愚痴を言いまくってた。そして彼女の仕事が終わる頃にメールを送った。相変わらず内容は、あーでもない、こーでもないとくだらないやりとりだった。そのうち彼女から返信が来なくなったけど、ケンカ中だったし何にも気にも止めなかった。1時間くらい経って彼女の携帯から電話がかかってきたんだ。俺は