2014-12

NO IMAGE 泣ける話

義母のクリスマス

お祭りごとや楽しいこと、賑やかなこと、綺麗なものが大好きな義母がある日、クリスマスイルミネーションで家でもやりたいと言い出した。実はその時の義母、癌で余命宣告を受けていて家族で過ごす最後のクリスマスだと思っていたらしく一度でいいから自分の家もテレビや雑誌で紹介されていたような綺麗なイルミネーションで飾って、素敵なクリスマスの思い出を作りたいと。それで私や夫や娘たちがカタログを貰ってきて義母が
NO IMAGE 泣ける話

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年とちょっと。高齢出産だったこともあって、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに年くってた。俺が「なんでもっと若く生んでくれなかったの!?」と責めたこともあった。俺が思春期のころとにかく心配性な母がうざいのと、親父には恐くて何も言えなかったから何でもかんでも母に当たってた。たくさん文句言って寝ようと自分の部屋に入ったとき母のすすり泣く声が聞こえたときは自分の不甲斐なさに気付