2013-04

NO IMAGE 泣ける話

幸せで笑顔ある人生

5年前に母親が亡くなった母は俺が10歳の時離婚して兄と俺を引き取り朝~夕方までパート夕方から深夜まで飲み屋で働いていた。兄は私立の高校行ってて授業料もいっぱいいっぱいで、もちろん家にはほとんど食べるものも無かった。俺は給食で余った牛乳やパンなどを持って帰ってきてそれを夕ご飯にしていた。貧乏だったけどそれが普通と思っていたから別に苦にもならなかった。その後母親は俺
NO IMAGE 泣ける話

親父の話

高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗が出たのを憶えている。当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。親父が死んだら、高校に通えるわけがないことは明白だった。そして俺はお世辞にも優秀とはいえなかった。クラスでも下位5番には入ってしまう
NO IMAGE 感動する話

エフゼロ

スーファミの発売日にファミコンが大反対だった父が何故か買ってあげると言い出して父と一緒にデパートに買いにいった。デパートにはもう人がたくさん並んでいて、ピリピリとしたムードだった。開店と同時に雪崩れるように、「走らないで下さい!!!」と言う係員の声も聞かずダッシュ。みんななりふり構わずエスカレーターを猪突猛進。ハイヒールが片一方落ちていたり、わーわーキャーキャー酷か
NO IMAGE 泣ける話

おじいちゃんの絵

皆みたいにすげえ泣けるって話でもないけど、ちょっと今日気になるものが掃除してたら出てきたから初投稿だけど聞き流してください。幼稚園の時、祖父がなんとなく嫌いだった。だって怖いし、家が近くないからなかなか懐かなかった。で、その幼稚園で「おじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵を描こう」ってのがあったのよ。その一年に一度の大イベント、一年目はおばあちゃんを描いた。だっておじいちゃんを描くのが癪だから
NO IMAGE 感動する話

母親の字

今アメリカに留学してるんだけど親から「救援物資」とかいって荷物が届いたんだよ。好き勝手して留学してるんだし迷惑もかけたくないからそういうのいいからって言ってたんだけどなあって思いながら伝票を何気なくみたら、おれんちの住所に入ってる小文字の「r」が1カ所筆記体になってるんだよ。お、すげーじゃん、筆記体とかかけるんだ、あ、姉が代わりに書いたのか、それにしても字が母親の字だな
NO IMAGE 泣ける話

ばぁちゃんごめん

ばぁちゃんへばぁちゃん元気しとるー?こげんやって話すとはどんくらいぶりかねー?あ、俺?相変わらずなーんもしよらんよwwwごめんてwwwでも今頑張ってるからもうちょっとまっとってよwwwね?wwwえ?今更何の用かって?やだなーばぁちゃん俺が言わんでもわかるやろー?8年前からの事、謝りにきたとよ。いいからwwwwwちゃんと聞いてってwwwとりあえず聞
NO IMAGE 感動する話

姉の一言

俺はほんとに馬鹿で、いくら頑張っても頭にものが入らない奴。おかげで見事に大学受験失敗したときに従兄の嫁さん、当時21歳と話す機会があったんだ。今ではほんとの姉のように思ってるから、姉とする。姉「大学失敗したんって?」俺「うん…」姉「もっかいチャレンジせんの?」俺「就職さがすつもり…」姉「将来したい事とか、なんかないん?」俺「農業継ぎたい、でも知識もないし、親
NO IMAGE 泣ける話

母の手紙

僕のお母さんは癌で死にました。今僕は中学1年ですが小さいころから母は何度も入院したりしていて、子供ながらになんでだろうと思っていました。小学5年生の時ぐらいから母はいつも帽子をかぶるようになっていきました。今思えばそれは辛く苦しい抗癌剤の副作用なのでした。母は旅行などでも笑顔を絶やさない人で、いつも笑っていました。そして小学5年生の春休み前、母は父と一緒に「行って