2012-09

NO IMAGE 感動する話

キラキラシール

俺はガムラツイストを全部持ってる。状態も万全でコンプしてる。そんな俺のガムラコレクションだが、中に1枚だけ裏の台紙に「●●君(←俺の名前)へ あのとき本当にありがとう 元気でね」と書かれたシールがある。それはラーメンばあ7弾の「勇者の碑」。あれは小学校高学年の頃だった。暑い日だったので夏だったのだろう。俺を含む少年5人は全員、町の駄菓子屋でラーメンばあを買っ
NO IMAGE 泣ける話

いい子でいなきゃ

もう十数年前になるけど、嫁が急逝してドロップアウトした。赴任先の基幹病院のある地方都市。俺の嫁は誰も知り合いもいない土地で、最後まで子供の心配しながら最後まで俺に謝り続けて一人で逝った。3歳の娘一人残して。葬式の時、娘は「ママいつ来るの?ママいつ起きるの?いつ起きるの?」ってずっと泣いていた。娘は嫁の実家で面倒みてもらいながら仕事に戻ったよ。忙しい病院だっ
NO IMAGE 泣ける話

あの時

なんかスィーツwノベルにありがちな事なんだが小さい頃から夏休み冬休み春休みになると田舎の婆ちゃんちに預けられた俺近所に体が弱い女の子がいてさ、その家と婆ちゃんは付き合いがあったから、その子ともよく遊んだ中学生の頃からその子の事を意識しだして、告ろうと決意したんだで、ちょっとカッコつけて電話で夏休みになってそっちいったら大事な話があるって言っておいたんだよ告った
NO IMAGE 泣ける話

エメラルドの指輪

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたりある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり、俺がこれは変だと思い、病院に行ったら、痴呆症だと言われた俺と彼女は結婚する約束をしていた、もう給料三か月分とは言えないけど指輪も用意していたあとはこれを渡してプロポーズするだけだった、でも彼女はもう殆ど俺のことを覚えていない一人じゃ何に
NO IMAGE 泣ける話

彼氏からの手紙

彼氏からの手紙です。ゆいへなあ?俺もうダメみてぇだ。なんでだ?お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。でも今は俺すげえ生きたい。なんで病気に勝てねえんだろ?俺いつからこんな弱なった?毎日死に近づいてるって感じる。もっと生きてえよ。寂しがり屋なお前の事おいて死ねねえしな?ずっと傍にいてやらねえとお前はだめだろ?泣き虫なくせに俺が病気で苦しんで
NO IMAGE 泣ける話

宝物ボックス

俺が、中2のときだった。けっこう前から幼馴染で恋心も抱いてたKって言う女子がいた。でもKは俺の数倍かっこいい男子と付き合っていた。俺がかなう相手でもなかった。彼女自身がそれを伝えてきたので、むちゃくちゃ複雑な気持ちだった。それからか、時々恋愛経験のない俺にいろいろ悩みを相談してきたりした。俺は、正直話聞くだけで嫌だったんだが…だけど、ある日そこらにある人気
NO IMAGE 泣ける話

またどこかで会おうね

俺さ、以前病院勤務してたんだ。といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんそろそろ・・・って場面だったんだよ。「まずい部屋に入っちゃったよな。」って思いながらも掃除をしていたんだ。そしたらさ、旦那さん(40後半位)が寂しそうな笑顔でありがとうって言ってくれるんだよ。
NO IMAGE 泣ける話

リンゴ

私は、2歳のとき父を亡くし、以来、私をひとりで育ててくれた母も私が中学二年生の時、突然の心臓病でなくなりました。その日のことです。近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると勤めを早退した母は床に臥していました。「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。昨日からなにも食べてない様
NO IMAGE 泣ける話

ガイドブック

東京で単身赴任してたとき、連休とかにはいつも嫁が来て、家のことなどしてくれていた。母にも、たまには東京来いよと言ってたんだけど、人混みが苦手だと決して来なかった。そんな母が脳梗塞で突然死んじゃって、呆然としたまま遺品を整理していたら、東京のガイドブックが出てきた。皇居とか、浅草とかベタなところに一杯赤鉛筆で線引いてあって、何度も読み返したらしくボロボロになってた。
NO IMAGE 泣ける話

にっこりわらった

母のおなかを殴った記憶がある小学校5年生のときの、確か授業参観日だったかな体育の授業で、親も参加してのドッジボールで、ルールは・親に当たっても退場しない・子に当たったら親と一緒に退場・外からボール投げるのは子だけ・復活なし‥ってかんじだったかな?よく覚えてないや今考えると俺の母は太った体で俺のことを守ってくれてたんだなでも当時の俺には邪魔してるようにし