2012-08

NO IMAGE 泣ける話

雨を見て

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。じいちゃんが介護してた。いろいろ大変だったみたいだけど、会話はできているようで、人が思うほど大変じゃないよって言ってた。ばあちゃんの家に行くと、いろんな事が紙に書かれている。「冷蔵庫は閉めましょう」「電気は消しましょう」「トイレは←」「ふく、くつした↓」とか、いろんな字がじいちゃんの手で半紙に筆で
NO IMAGE 感動する話

俺がぶん殴ってやるよ

田舎の祖母が入院してるので実家に数日戻ってきた。祖母はあんまり長くないらしい。祖父母は九州に住んでて祖父は完全に頑固一徹の昔ながらの親父って感じ。男子厨房に入らずを徹底して、晩酌は日本酒(必ず熱燗)・ビール・ワインをその日の料理と気分で飲み分ける。当然、すべて祖母が準備。熱燗がちょっとでもぬるいと、口を一度つけたあと「ぬるい」と一言だけ言い、無言で祖母に温めなお
NO IMAGE 泣ける話

オカンの日記

泣ける話かわからんが…俺のオカンは左目が見えない。なんか若い時に病気か怪我か何かで見えなくなったらしい。聞きゃあ教えてくれると思うけど聞いたことはない。幼稚園の頃に周りの園児に「お前のオカンは目が見えん」とかで俺はのけ者にされていた。今、思うとこの頃から自分はオカンのせいでこんな目にあっているとオカンを恨んでいた。小学校低学年の頃、オカンと買い物に行くのが周り
NO IMAGE 泣ける話

心から尊敬します

父が食道癌になりました。ウチは癌血統ではなかったので、この告知は本当に驚きました。私は父と、この10年ほど腹を割って話したことがなく…何かあれば衝突ばかりで。。。大事な話は、母を通して話してました。喧嘩ばかりというよりは、ロクに話したことがないのです。だから、「お父さん、体の調子が悪いんだ」そんな言葉を耳にしても、気にもとめずに、いつもの様に遊び歩いていた
NO IMAGE 感動する話

声を聞かせて下さい

15年前の話です。今でもそうだが人付き合いの苦手なオレは、会社を辞め一人で仕事を始めた。車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取付の仕事。当時まだ携帯電話は高価で、俺は仕事の電話をポケベルに転送し、留守電を聞いてお客さんに連絡するという方法しか取れなかった。生活さえギリギリだった。ある日 母親が九州の実家から関東の俺の家まで訪ねてきた。遠くから来た親をいたわ
NO IMAGE 感動する話

俺の宝物

俺の祖父は医者だった。っていっても金はなく家はボロボロで食事なんか庭の野菜とお茶漬けと患者さんからの頂き物だけ。毎朝4時に起きて身寄りのいない体の不自由なお年寄りの家を診察時間になるまで何件も往診して回る。診察時間になると戻ってきて待合室に入りきらないで外まで並んでる患者さんを診察していく。昼休みはおにぎりを片手にまた往診。午後の診察をこなし食事をすませてまた往診。夜中に玄関口に患者