犬の話

PR

11年間飼ってた愛犬がなくなった。

死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰ってなくて、世話もほとんどしなかった。
その間にどんどん衰えてたのに、あまり見ることも触ることもなく、その日を迎えてしまった。

前日の夜に、もう私とはほとんど会話がなくなっていた母が、兄と一緒に私の部屋にきて
「もう、動かなくなって、息だけしてるの。目も、開いたままとじれない。最後だから、お別れしてきなさい。」
と泣きながら言ってきた。

そこまでだったなんて知らなくて、びっくりして下に下りていったら、コタツに横たわってた。
ほんとに息だけしかしてなくて、だんだん息も弱くなってるのがわかった。

怒りっぽい犬で、触るだけで唸るのに、その日は、なにも反応がなかった。
母と兄と、3人で、泣きながら朝まで見守った。

結局次の日、単身赴任の父が帰ってきてすぐ息を引き取った。
父のことが大好きだったから、きっと待ってたんだと思う。
家族全員そろうのを待ってたんだな。って思う。


死ぬ間際に飲んだ水はすごくおいしかったよね。幸せだったよね。
なによりも、本当にろくに家に帰らず遊んでばかりいて、あなたの世話をしていなかったことを悔やんでる。

父も母も兄も泣きじゃくる中、あたしは後悔ばかりが心に残って、あまり泣くことも出来なかった。おまえが死んでから、おかあさんとも会話するようになったよ。

今まで、おかあさんの話し相手はおまえだったもんね。
おまえのおかげで自分がどんなに親を悲しませてたかわかった。
犬にまであたしのこと相談するくらい、おかあさん悩んでたんだね。
おまえが死んでふさぎがちだった母も最近元気になったよ。
安心して眠ってね。

昨日、死んでから初めてあなたの夢を見ました。

朝起きて、泣きました。
ほんとうにありがとう。ばいばい。

PR

『犬の話』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2012/05/21(月) 04:16:36 ID:5f9d19284 返信

    お前はカスだな

  2. 名前:匿名 投稿日:2012/11/20(火) 09:28:06 ID:3fe4a5700 返信

    小学校2年の時、隣の家のご主人の田舎で一人暮らししているおじいさんが柴犬の子犬を連れて泊まりに来ていた。
    俺はそのおじいさんに「この犬が大きくなって子どもを産んだら1匹ちょうだい」と言った。
    それから3年経ち、俺が5年生になった時、おじいさんが「約束してたから・・・」と小さな子犬が1匹我が家に来ることになった。

    俺はずっと犬が欲しかったのでとても嬉しくてかわいがって一緒に成長していった。しかし中学校の頃より俺は少し人の道を外れる事もするようになり、家にもあまり帰らなくなった。しかしたまに帰ると犬はとても喜んでくれた。

    高校生の頃に俺は突然高熱が出て病院に行くと重大な病気が見つかりそのまま2ヶ月間入院してしまった。

    退院して久しぶりに家に帰り犬を見るとやせ細って所々毛が抜け落ちて見るも無残な姿になりながら腰を抜かすほど喜んでくれた。
    親に聞くと俺が入院したと同時に落ち着かなくなりご飯もろくに食べず弱ってしまったと言われた。動物病院からは「強いストレスがかかっている」と言われたらしい。
    犬にとって俺は唯一の飼い主だった様子。その飼い主が居ない事で不安で仕方がなかったようだった。

    その後は少しは回復したがしばらく経ちまた衰弱し始め、受診すると癌と診断された。
    いよいよやせ細り最期を覚悟していたが、ある日夜中に帰宅した俺は家の裏に居る犬が気になり小屋を覗きに行くといつも必ず小屋の中から外を見ていた犬が入口に尻を向けて寝て出てこない。声をかけると唸って追い払おうとする。顔を見れないまま俺は家に入った。翌朝早くにまた犬が気になり小屋に行くとその時の姿勢のまま冷たく硬くなっていた。

    犬は最期の弱った姿を俺に見せないよう力を振り絞って唸っていたんだと思った。またその時を気付いてやれなかった自分を悔やんだ。

    一緒に成長し、俺が荒れて八つ当たりしたりほったらかしにしても全力で愛してくれた・・・こんな飼い主で幸せだったのだろうか・・・申し訳ない気持ちでいっぱいになり涙が止まらなくなり俺は仕事を3日間休んだ。

    今は家の玄関の横で俺や俺の子供たちを見守ってくれている。
    そして子供たちに動物との生活を感じさせたくその犬によく似た犬を飼い始めた。

    俺はあの犬の事を忘れる事はないだろう・・・

  3. 名前:ぺこ 投稿日:2013/02/16(土) 00:20:26 ID:ed2fadcd6 返信

    この話も、コメントの話も、読んでいてとても心にこみ上げてくるものを感じた。
    自分は実家から出て暮らしてるから、犬と会う機会が少ないけど、帰省したら全力で喜んでくれる。そんな蘭丸に会いたくなってきたよ。
    俺の周りを無邪気に跳ねて、尻尾を千切れるくらいブンブン振り回して迎えてくれる姿が久しぶりに見たい。
    家族に言えない悩みも蘭丸には言えるんだよな(笑)犬にとっちゃ良い迷惑だろうけどな。
    ほんと、大好きだ。長生きしてくれ。

  4. 名前:匿名 投稿日:2013/10/25(金) 20:15:50 ID:829130f1e 返信

    かわいそう

  5. 名前:匿名 投稿日:2013/10/25(金) 20:16:42 ID:829130f1e 返信

    いつもコメントありがとうございます。

  6. 名前:匿名 投稿日:2013/10/25(金) 20:18:02 ID:829130f1e 返信

    ペコさんそうですね♪

  7. 名前: 投稿日:2013/11/03(日) 22:33:24 ID:9240e875e 返信

    まぢで感動。

  8. 名前: 投稿日:2013/12/01(日) 21:01:40 ID:b0b303486 返信

    分かります。
    私が小3の時、トイプードルの犬を飼ってくれて、可愛がりました。
    でも、私は飽きっぽくて、すぐに母親任せになりました。

    ある日、突然ある話を耳に聞き、犬とのキズナが深まりました。
    でも、散歩中に大型犬におそわれ、息を引き取りました。
    申し訳ない気持ちで、後悔の山でした。
    それから10年、遅いと思いますが、夢を見たのです。
    忘れかけたものが蘇りました。
    犬が喋り、〝可愛がってくれてありがとう〟〝大好きでした〟
    でも、心に響くと、〝もう少し、生きたかったな。〟
    それが心の底のものでしたね


    あなたもいつか、夢来るのでは
    感謝が来ます。遅くても。
    忘れないであげてくださいね

  9. 名前:匿名 投稿日:2014/02/14(金) 23:27:56 ID:67cd48adb 返信

    う、うわーーーーーーーん

  10. 名前:匿名 投稿日:2014/05/20(火) 00:18:17 ID:9fb81a905 返信

    自分の飼い犬を大切にしようと
    改めて思いました。

  11. 名前:匿名 投稿日:2014/08/11(月) 02:31:06 ID:d88d10abb 返信

    コメントいらない

  12. 名前:匿名 投稿日:2014/08/21(木) 23:01:58 ID:e497e93e4 返信

    犬は

  13. 名前:「犬のおかげで家族が救われた」賢い犬の泣けるお話5選|@Heaaart 投稿日:2014/10/27(月) 14:13:32 ID:61a9081c0 返信

    […] 出典 nakeru.e-wadai.net […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。